不動産の相続,売買,贈与,財産分与,住宅ローン借り換え,抵当権抹消,設定の登記、会社登記、債務整理、相続放棄、法律相談:横浜市の横浜リーガルハート司法書士事務所が運営

一部取壊し、増築登記

一部取壊し、増築登記

増築部分が一部取壊し後の建物と接続している場合

建物の一部を取壊し、残っている建物に接続して建築し、1個の建物となっている場合、
登記の方法は、
一部取壊し登記、増築登記(建物表題変更登記)となります。

この一部取壊し登記、増築登記(建物表題変更登記)は、土地家屋調査士という国家資格者の仕事です。
司法書士が依頼を受けて、この登記を申請することができません。

増築部分が一部取壊し後の建物と離れ、独立した建物の場合

新築した部分が、残っている建物と離れ、独立した建物の場合、
登記の方法は
一部取壊し登記(建物表題変更登記)、新築登記(建物表題登記と所有権保存登記)となります。

建物表題変更登記と建物表題登記は、土地家屋調査士が代理して登記申請します。
所有権保存登記は、司法書士が代理して登記申請します。


powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional