不動産の相続,売買,贈与,財産分与,住宅ローン借り換え,抵当権抹消,設定の登記、会社登記、債務整理、相続放棄、法律相談:横浜市の横浜リーガルハート司法書士事務所が運営

マンションの登記手続の司法書士報酬

横浜リーガルハート司法書士事務所トップおトク情報>マンションの登記手続の司法書士報酬

マンションの登記手続の登録免許税と司法書士報酬

基本情報

マンションの場合、お部屋の専有部分の建物のほかに、マンションの敷地である土地があります。
例えば、マンションの土地が31個ある場合の登記費用を考えてみます。
登記手続の登録免許税と司法書士報酬を計算する場合、基本的に、不動産の個数を計算します。
上記のマンションは、専有部分の建物が1個と敷地の土地が31個ありますので、合計32個と数えます。

登録免許税について

所有者の住所変更・氏名変更登記(登録免許税)

所有者の住所変更や氏名変更の登記をする場合の基本的な登録免許税は、
不動産1個につき、1,000円です。
上記のマンションは、不動産の個数が32個ありますので、
登録免許税は、32,000円となります。(信じられない金額ですが、登録免許税法で、そのように決められています。)

抵当権抹消登記(登録免許税)

抵当権抹消の登記をする場合の基本的な登録免許税は、
不動産1個につき、1,000円です。
上記のマンションは、不動産の個数が32個ありますので、
登録免許税は、32,000円となりそうですが、上限の金額が20,000円と定められています。(信じられない金額ですが、登録免許税法で、そのように決められています。)

司法書士報酬について

従来型の司法書士報酬は、不動産の個数が1個増えるごとに、
1,000円(消費税の計算は入れてません。)を追加します。

所有者の住所変更・氏名変更登記(従来型の司法書士報酬)

上記、所有者の住所変更・氏名変更の登記の場合、
基本の司法書士報酬を10,000円とすれば、31個分司法書士報酬が追加されますので、41,000円という金額となります。(信じられない金額ですが、現に、従来型の司法書士報酬規定を採用している司法書士事務所は多いはずです。)
信じられないことに、登録免許税と司法書士報酬の合計は、
73,000円となってしまいます。

抵当権抹消登記(従来型の司法書士報酬)

上記、抵当権抹消登記の場合、基本の司法書士報酬を10,000円とすれば、
31個分司法書士報酬が追加されますので、41,000円という金額となります。(信じられない金額ですが、現に、従来型の司法書士報酬規定を採用している司法書士事務所は多いはずです。)
信じられないことに、登録免許税と司法書士報酬の合計は、
61,000円となってしまいます。

もっと恐ろしい事態に(所有者の住所変更登記と抵当権抹消登記)

所有者の住所変更登記と抵当権抹消登記を同時にする場合、従来型の司法書士報酬規定で計算しますと、上記の合計額は134,000円となってしまいます。(到底信じられない金額です。)

横浜リーガルハート司法書士事務所の基本方針(司法書士報酬)

実費の登録免許税は、誠に残念ながら、減額することができません。
(登録免許税法という法律を変えない限り減額できません。)
上記のように、従来型の司法書士報酬を採用すると、
到底信じられない金額となってしまいます。

そこで、上記のマンションについて、当事務所では、次のように司法書士報酬の上限を定めております。
当事務所の司法書士報酬規定は、上記のマンションに限らず、

すべてのマンションについて、不動産の個数の制限がない司法書士報酬(税込み)の上限額です。(ただし、それぞれの登記で別の理由による加算がある場合があります。)

項 目司法書士報酬(税込み・単位は円)
相続の登記57,750相続の内容による加算あり
売買の登記(不動産決済)63,000ただし、売買代金により違いあり
夫婦(配偶者)間贈与の登記49,680
親子間贈与(相続時精算課税)の登記49,680
離婚に伴う財産分与の登記49,680
住宅ローンの借り換えの登記
(抵当権設定・抹消)
47,250ただし、抵当権抹消の件数加算あり
住宅ローンの完済の登記
(抵当権抹消)
10,500抹消1件当たりの金額です。
所有者の住所・氏名変更の
登記
10,500

詳しくは、上記の項目(費用)でご確認ください。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional